【第11回交通安全特別強化月間ニュース②】手順を守ることは、命を守ることである~乗務員ミーティング~

代表で班長より決意表明(桶川)
代表で班長より決意表明(桶川)

 第11回交通安全特別強化月間の乗務員ミーティングが各地で実施されています。8月29日(水)小牧営業所、30日(木)・31日(金)関東配送センター桶川事業所、9月1日(土)九州配送センターでミーティングを実施。月間の意味を改めて学習するとともに、山田社長による訓示と、乗務職社員班長による決意表明、黙祷を行いました。山田社長は訓示の最後に、「手順を守ることをお願いしたい。特に高速道路では、死亡事故に直結することもある。手順を守ることには、命を守るという意味があることを、もう一度一人ひとりに考えてほしい」と、強いメッセージを伝えました。また、班長は、「一緒に働く仲間を被害者にも加害者にもさせないために、重大事故を知る私たちが率先してルールを守り、安全運転、安全行動を行う」と決意を表明しました。

学習資料を事業所に合わせた内容に変更し、動画で教育(桶川)
学習資料を事業所に合わせた内容に変更し、動画で教育(桶川)
点呼場所にスローガンと合わせて各乗務員の重点取り組みを掲示(九州)
点呼場所にスローガンと合わせて各乗務員の重点取り組みを掲示(九州)
決意表明を社長に手渡す(小牧)
決意表明を社長に手渡す(小牧)
三度重大事故を発生させないために、危険予知トレーニングを実施(九州)
三度重大事故を発生させないために、危険予知トレーニングを実施(九州)